当院について

心臓血管外科チーム紹介

心臓血管研究所付属病院
成人心臓血管外科全領域に渡る高度な診療

虚血性心疾患・弁膜症・大動脈疾患・末梢血管疾患を中心に、成人心臓血管外科全領域に渡って高度な診療を行なっています。術前の適応決定、術後の治療も循環器内科医と心臓血管外科医がひとつのチームとして行っています。

心臓血管研究所付属病院

井上 龍也

いのうえ たつや

心臓血管研究所付属病院

國原 孝[非常勤]

くにはら たかし

心臓血管研究所付属病院

飯田 充

いいだ みつる

心臓血管研究所付属病院

松濱 稔

まつはま みのる

内科と外科が連携し、最適な治療法を決定しています。

心臓血管外科部門は、虚血性心疾患・弁膜症・大動脈疾患・末梢血管疾患を中心に、成人心臓血管外科全領域に渡って高度な診療を行なっています。術前の適応決定、術後の治療も循環器内科医と心臓血管外科医がひとつのチームとして行っています。なにか御不明な点、質問がありましたらいつでもお気軽にご連絡ください。

虚血性心疾患(狭心症・急性心筋梗塞症など)の治療方針

1. 当院ではハートチームにより治療方針を決定しています。

内科的治療として薬物療法ならびにカテーテル治療。外科的治療として冠動脈バイパス術が挙げられます。

当院では内科と外科とのカンファレンスにより最適な治療法を決定しています。

 

2. 当院ではオンポンプバイパス術とオフポンプバイパス術を症例に応じて柔軟に使い分けています。

人工心肺使用有無によって2種類に分けています。人工心肺装置を使用したオンポンプバイパス術と人工心肺を使用しないオフポンプバイパス術です。

 

3. 症例によっては小切開による低侵襲手術も施術しております。

弁膜症の治療方針

1. 当院は大動脈弁形成術を施行しています。 

自己弁に勝るものはありません。われわれは自己弁をなるべく温存する方針を今後も継続していきます。

 

2. 当院は僧帽弁形成術を積極的に施行しています。小切開手術は症例により施術します。

僧帽弁逆流症に対しても、石灰化に伴う症例でない限り、当院では基本的に僧帽弁形成術を大多数に施行しており良好な成績を収めております。

 

3. TAVIは導入予定です。

近年開発された、TAVI (transcatheter aortic valve implantation)は、人工心肺が全く不要という点で、症例を選べば患者さんに大きな利益をもたらすとわれわれは考えております。経心尖部、経大腿動脈の選択も、小柄な日本人では血管損傷のリスクが高いため、慎重に行っていきます。

大動脈疾患の治療方針

1. 体の負担が軽いステントグラフト治療に対応しています。

2. 人工血管置換術にも、豊富な経験で対応します。

3. ステントグラフト治療と人工血管置換術とのハイブリッド治療も行えます。

4. 手術法の選択は担当医と相談の上、患者さんの希望も反映されます。