当院について

冠動脈疾患チーム紹介

全国トップレベルのカテーテル治療は年間約600件

難易度が高く他院では敬遠されがちな冠動脈の慢性完全閉塞病変に対しても、積極的な治療を行っております。その他、閉塞性動脈硬化症や腎動脈狭窄などの末梢血管の治療、経皮的中隔心筋焼灼術や経皮的僧帽弁交連切開術なども行っております。

矢嶋 純二.jpg

​矢島 純二

やじま じゅんじ

心臓血管研究所付属病院

松野 俊介

まつの しゅんすけ

心臓血管研究所付属病院

桐ヶ谷 肇 [非常勤]

きりがや はじめ

心臓血管研究所付属病院

及川 裕二

おいかわ ゆうじ

心臓血管研究所付属病院

嘉納 寛人

かのう ひろと

心臓血管研究所付属病院

永島 和幸

ながしま かずゆき

心臓血管研究所付属病院

岸 幹夫

きし みきお

複雑病変に対するカテーテル治療に対応しています。

カテーテルスタッフが、連日の検査はもちろん、夜間休日の緊急検査や治療にも対応可能な体制を整えています。心疾患の多くを占める虚血性心疾患の診断のみならず、弁膜症や大血管に対するカテーテルによる精密検査まで、年間約1,000件のカテーテル検査を実施し、全国でもトップレベルのカテーテル治療は年間約600件行っています。

カテーテル、及び治療に関しては、特殊な場合を除き、クリニカルパスを用いて質の高い安全な医療を提供するために日々、努力しています。

 

当院のカテーテル治療の大きな特徴は、複雑病変に対する治療です。カテーテル治療器具(バルーン、ステントなど)の発達によって、カテーテル治療の適応は広まっており、従来は開胸手術が必要と考えられる患者様に対しても、当院では高い成功率をおさめております。

難易度が高く他院では敬遠されがちな冠動脈の慢性完全閉塞病変に対しても、積極的な治療を行っております。その他、閉塞性動脈硬化症や腎動脈狭窄などの末梢血管の治療、経皮的中隔心筋焼灼術や経皮的僧帽弁交連切開術なども行っております。